会則

大阪府立農芸高等学校同窓会会則

第1章 総  則

第1条 本会は「みのり会」と称する。

第2条 本会は会員相互の親睦と知徳の錬磨を図り、母校の進歩発展を助け我国の農業に寄与することを目的とする。

第3条 本会の本部事務局を大阪府立農芸高等学校内に置き、必要に応じ地域及び職場支部を設ける。

第4条 本会は第2条の目的を達成するため次の事業を行なう。

(1)定期総会の開催

(2)会員名簿の作成

(3)講演会、研究会の開催

(4)その他、本会及び母校発展に寄与する事業

第2章 会  員

第5条 本会は、次の会員を以て構成する。

(1)正会員

大阪府黒山実業学校、大阪府立黒山農学校、大阪府立農芸学校及び併設中学校、大阪府立農芸高等学校の卒業生及びこれに準ずるもので常任幹事会の推薦した者

(2)準会員

本校在校生

(3)特別会員

現在の職員及び旧職員

(4)名誉会員

特に母校に功績のあったもので常任幹事会の推薦した者

第3章 役  員

第6条 本会に次の役員を置く。

会 長 1名

正会員中より常任幹事会において選任し、総会において決定する。

副会長 5名以内

正会員中より常任幹事会において選任し、会長が委嘱する。

会 計 2名

常任幹事中より互選し、会長が委嘱する。

書 記 2名

常任幹事中より互選し、会長が委嘱する。

常任幹事 若干名

幹事会において互選又は推薦により、会長が委嘱する。

幹 事   若干名

原則として各期各科1名とし、正会員の互選又は推薦により、会長が委嘱する。

監 査 2名

正会員中より会長が委嘱する。

顧 問 若干名

現任の校長並びに会員の中で特に功績のあった者で、常任幹事会が推薦する者。

支部長 若干名

各支部において、支部会員の互選により選出する。

第7条 役員の任務は次の通りとする。

会 長 会務を統括し、本会を代表する。

副会長 会長を補佐し、会長事故ある時は代理する。

会 計 会長の指示により、本会の会務会計全般を処理する。

書 記 会長の指示により、本会の会務書記全般を処理する。

常任幹事 会長の意を受け、本会の運営事項を協議し会務の遂行に当たる。

幹 事 同期同科を代表し、本会の必要事項の協議及び同期生に対する会務の連絡

遂行に当たる。

監 査 本会の会務会計を監査する。

顧 問 本会の発展のために指導助言する。

支部長 支部を統括し、会務の連絡、遂行に当たる。

第8条 役員の任務は3年とする。但し、再任を妨げない。

第4章 会  議

第9条 定期総会は、毎年1回開催することを原則とする。ただし必要に応じて、会長は随時に臨時総会を召集することが出来る。総会の決議は、出席者の過半数を以って決定する。

第10条 定期総会において、事業報告及び決算を承認し、事業案及び予算案を議決する。

第11条 本会はその目的達成のため、常任幹事会、幹事会を随時に開催する。

(1)常任幹事会は、会長の召集によるものとする。但し、3分の1以上の常任幹事の要請ある時は、会長は之を開催しなければならない。

常任幹事会は、特に緊急を要する重要事項について、之を審議決定するものとする。但し、この場合の決議は出席者の3分の2以上を以て議決し、次期総会に付議するも

のとする。

(2)会長は、必要に応じて随時に幹事会を召集することができる。

第5章 財  産

第12条 本会所有財産である不動産については、その管理の万全と有効利用を図るため 総会の決議を経て一般社団法人を設立し、不動産の登記、管理及び運用を行わせる。

第6章 会  計

第13条 本会の経費は入会金、会費、準会費、寄付金で以て賄うものとする。

(1)入会金 1,000円(卒業時に納入する)

(2)会費  3,000円(卒業時に納入する)

(3)準会員会費   1,500円(入学時納入する)

(4)記念事業積立金 3,000円(入学時に納入する)

第14条 本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日迄とする。

第15条 会計は決算書及び予算書を作成し、監査及び常任幹事会の承認を経て、定期総会に提出する。

第7章 事務局長及び事務局員

第16条 本会には、事務局長1名、事務局員若干名をおくものとし、常任幹事会で選出する。

(1)事務局長は常任幹事から選任し、事務局員は正会員から選出し、会長が委嘱する。

(2)事務局長は会長の指示を受けて本会の会務全般を処理する。事務局員は事務局長を補佐し、本会の会務の遂行を図る。

第8章 慶 弔 規 程

第17条 本会は、次の場合において、下記の金品を贈り慶弔の意を表する。

(1)会員の弔事

(イ)会長・副会長・顧問及びその配偶者と父母が死亡したとき

-----香料(10,000円)及び樒1対

(ロ)現任の職員・元会長・元副会長・常任幹事が死亡したとき

-----香料(10,000円)及び樒1対

(ハ)現任の職員の配偶者、子、父母が死亡したとき

-----樒1対

(ニ)在校生徒が死亡したとき

-----樒1対

(2)会長・副会長が勇退したとき

-----感謝状(校長名)及び記念品

(3)その他

前項の他、特に事情がある場合は、会長・副会長・顧問及び事務局の協議を経て決定する。

第9章 会則の変更

第18条 本会の会則の変更は総会の決議によるものとする。

第19条 第12条の規定により設立された法人の定款の変更は、総会の決議を経て行うものとする。

付  則

(1)本会会則は、昭和33年10月20日より実施する。

(2)この会則は、昭和55年10月26日改正する。

(3)この会則は、昭和60年10月29日改正する。

(4)この会則は、昭和61年10月26日改正する。

(5)この会則は、昭和62年10月25日改正する。

(6)この会則は、平成 6年11月 7日改正する。

(7)この会則は、平成 7年11月 5日改正し、平成7年4月1日より適用する。

(8) この会則は、平成14年11月10日に改正し、同日から実施する。

(9)この会則は、平成20年11月16日改正する。

(10)この会則は、平成23年11月 6日改正する。

(11)この会則は、平成27年11月 8日改正する。